hidamarinnのキラキラ子育て

モンテッソーリ・レッジョエミリアアプローチなどを勉強しています。子供と向き合う中で、どんどん自立して成長していく姿に感動し、今では幼児教室の先生と発達支援センターの先生をさせて頂いています。その他に、精神保健福祉士と社会福祉士の資格と経験があり、これも子育てに役立つ要素があると気付きました。ここでは、日々の育児日記やオススメしたい事なども書いていきたいと思います。子供への感謝と愛情を伝え残す事が1番の目標です。

子供にとってお母さんの歌声が1番♪

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

『お母さんの歌声が1番!

背骨を上から下にさするようにして、歌を歌ってあげてね。

それは、わが子の健やかな成長と幸せを願う気持ちが伝わるからなのよ。』

 

そのようにお話くださったのは

横浜にあるumiのいえにて

「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト

&小児がんの子どもと家族を支えよう 

チャリティーコンサートにて

春に咲く花のようにあたたかく、明るく優しい歌声を披露してくださった

神魂(かもす)ソプラノ歌手 松木貴子マリアさん

 

日本には、私たちが子どもの時から歌われているステキな歌詞と美しいメロディがあわさった心に沁みる歌がたくさんあります。

 

春の小川

どこかで春が

ちょうちょう

おかあさん

おうま

森の音楽家

ゆりかごのうた

いぬのおまわりさん

うれしいひなまつり

こいのぼり

ぞうさん

などなど。

 

その中から

松木貴子マリアさんは「さくら」の歌の意味と

君が代」の意味を教えて下さいました。

 

さくらさくら

桜は、コノハナサクヤヒメさまの説があることは多くの方がご存知と思いますが、他にもということでお読みくださいね♡

 

「さ 」は、稲の神さま

「くら 」は、おあします

 

「稲の神様がそこにいらっしゃる木」

という意味なのだそうです。

 

この「稲の神さま」も稲だけでなく、農作物の神さまということになるそうです。

 

マリアさんは続けて、このようにお話下さいました。

 

日本人は特に満開の桜が好きでしょ?

それは太古から

桜が満開になるくらい、今年の秋は豊穣であるという

前祝いをしていた、その名残が今も残っているのよ。

だから、花見をしてお酒を飲むことを私たちはするの。

 

これを聞いていて、ふと私が横浜から鎌倉に越してきた当時の記憶が蘇りました。

その当時、鎌倉幕府の跡地周辺はまだ閉鎖的な町で、昔からその地に住まわれている方が多くいらっしゃいました。

(ここ数年は、世代交代が進み、若い世帯が住むため越してきて下さり嬉しいです。)

 

近所のおじいさんが教えてくれた言葉があります。

 

鎌倉=かまくら

かまくら〉は〈かみくら〉が変化したものなんだよ。神さまの倉ということだよ。

 

それを聞いた当時は、

なんとなく分かるようで、

ハッキリとは分からない気持ちでした。

 

マリアさんのお話から考えて意味を持たせると

 

かみ=神さま

くら=おあします

 

かみさまがおわしますところ、

神さまがいらっしゃる土地

という意味もあるのかなぁと。

なんだか納得いくような気がしました。

鎌倉って、そのような雰囲気のある土地です。

ずっと住んだきて感じるものがあります。

 

次に

君が代

 

「き」は、男性を意味する

「み 」は、女性を意味する。身籠もる。 実になる。

 

『国民も、動物、植物も

生きとし生けるものすべてが、

幸せに、幸福で健康に暮らせることを祈る歌。

祈りの歌なのですよ。』

と教えて下さいました。

 

フランスやヨーロッパの国歌は

自分が生きるためには他を蹴り落とすような、誰かの犠牲の上に自分の幸せがあるという内容が多いそうです。

なので、祈りの歌を国歌にしている国はそうそうないそうなので、堂々と歌ってほしいとのことでした。

 

祈りの歌の繋がりで言うと

アヴェマリア」もそうとのことでした。

わが子の幸せを祈る歌

とのことです。

アヴェマリアの歌、私好きです♡

最近は、カッチーニアヴェマリアが好きです♪

 

私は日頃から子供に日本の歌をよく歌ってあげていますが、大切に歌われてきた歌の素晴らしさをよく感じます。

 

私の好きな歌はたくさんありますが、

よく口ずさんむ歌というと

 

ふるさと

もみじ

さくらさくら

朧月夜

 

です!

歌っていると心に染みてきます╰(*´︶`*)╯♡

 

しかし昨今、

小学校の音楽の教科書から

日本の良い歌が消えていく現実があるそうです。

代わりにポップが入ってくる。

ポップはポップで良いものがあるので、覚えて歌ってほしいけれども、日本の良き歌をなくすことというのは、少し寂しい思いにもなります。

 

「さくら」や「君が代」を歌えない子どもがすでに出だしていることの哀しさをマリアさんも憂いていらっしゃいました。

 

お母さんの子守歌、歌声、はな歌

これは

どんなCDよりも勝る、

子どもに良いものとのことなので、

これからも愛おしい気持ちを込めながら歌っていこうと思います♡

 

▶︎子どもホスピスプロジェクトについての講演会に行った際の内容です。

日本には大阪しかない子どもホスピス

どうか多くの方のご理解を頂けたら嬉しいです。

https://hidamarinn.hatenablog.jp/entry/2019/02/02/140458

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

hidamarinn

 

 

 

 

見えない力に励まされ、見守られているのだと思います。

f:id:hidamarinn:20190216085202j:image

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

皆さんは目に見えない何かに護られていると感じたことはありますか?

 

私は2年前頃にそう感じたことがありました。

それ以来、何かあると私に訪れた不思議な出来事を思い出すことがよくあります。

 

ですが、世に言う霊感というものはないです。

見えないですし。

 

そんな私の今までのことを振り返りまとめると

夢でお告げがくることが多いです。

 

その夢はだいたい夜明け付近で見ることが多く、さらにとても具体的でリアルでカラーの夢です。

なので起きてすぐはしっかり夢の内容を覚えているし、期間が過ぎても多少うろ覚えになる部分はあってもだいたいの内容をよく覚えていますし、メッセージ性の高いものは殊更覚えています。

 

そのような夢をこの2年間で5回くらいしか見ていませんが、どれも今でもよく覚えています。

 

子供を授かる前の妊娠の予知夢も合わせたら

4年間で5〜6個くらいかなぁ。

 

書ける内容だけ簡単に書くと

妊娠する夢

・身内の中で起きていること

・44という数字

平将門の木像

他には、

夢占いで検索した結果だけ書くと

主人への愛情の再確認

をした夢も見ました。

この夢を見たときはすごく怖くて、あまりのリアルさに泣きました。

すぐに検索したら、いいメッセージの表れだったので安心しました♡

 

▶︎「44」という夢は、

夢にこのゾロ目の数字が大きく出てきたんです。

4ってあまり良い意味で聞かないし、それが、ゾロ目で出てくるなんて嫌な予感。。

と思って調べたら、逆にすごく良い意味だったので安心しました(^^)

 

▶︎平将門の夢は、これだけは今もあまりよくメッセージが分からないのですが、

夢に「平将門」という文字と声が表れて、

ある神社の境内にご本人の木像を担ぐ僧侶達の場面が表れました。

目が覚め、リアルで不思議な夢を見たと思い調べてみると、

ある都内の神社に[平将門]を祀っているところがあり、しかもその神社の将門さんが木像で祀られていたのです。

 

"あ〜夢とバッチリ合うなぁ"

と思いました。

 

その神社が、商売繁盛とか未来へ盛り上がっていく感じのご利益がある神社だったので、

おそらく私の未来のを暗示してくれていたのかなぁ〜と勝手に良い方へ解釈しています笑

 

▶︎身内の中で起きていることは

現実世界では私が知り得ないことが

夢の中ではリアルに起きていて

ある登場人物が言った言葉が私に伝えたかったメッセージだったようです。

そのメッセージの真意は、その後の生活で私が気づき、まさに夢の内容が当たっていたことが分かりました。

 

このようにリアルな夢を見て

現実世界と関係のあることが多かったので

ある時ふと私は

誰かに護られている

そんなふうに思いました。

 

目に見えないけど、

私のことを心配してくれたり

私の幸せを願ってくれる

そんな存在。

 

また、夢ではないのですが

祖父母、ご先祖様のお墓まいりに子供を連れて行った時

手を合わせて

「おじいちゃま、おばあちゃま、今日は息子も一緒におまいりにきました。いつも見守って下さりありがとうございます」

と祈っていたら

ふわぁ〜〜〜

と優しい風が左側から吹いて

頭の左側に祖母が笑っている顔が浮かび、

さらに

左側に優しい気配を一瞬感じました。

 

とても優しく穏やかな風と笑顔でした。

その笑顔は、お葬式の際に遺影として持っていた、そして母の実家に今も飾ってある

60代前半の若い祖母の笑顔と全く一緒でした。

 

その瞬間

"あ〜おばあちゃま会いにきてくれたんだなぁ。

喜んでくれてるんだろうなぁ"

と自然とそう感じました。

 

ツラくて、しんどくて、四面楚歌の状態で、

心を閉ざしているような状態では

このようなお告げは感じたくても感じ取れなかったかもしれません。

 

前を向いて、

訪れる未来が明るいことを信じて

一歩ずつ今を一生懸命に生きることを

自分に誓ってからは

たくさんのメッセージをどこからか送って頂いている印象です╰(*´︶`*)╯♡

 

最近、他の方のブログを読ませて頂いていて、

同じように

感謝して今を生きる

ことを大切に思っていらっしゃることを書かれている記事を拝見することが多いのですが、

その方のblogからも

『今の私でいいんだよ』

と励まして頂いている気持ちにもなり、

嬉しい気持ちにもなります☆

 

これからも皆さんのステキなブログを拝見しながら、私も今できることを真剣に頑張っていこうと思います☆

 

いつもありがとうございます♡

 

そして

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

hidamarinn

 

 

 

 

 

 

【あいうえお】おうちモンテ

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

ひらがな練習

これを子供の興味の移行に合わせて行うつもりで、タイミングを見計らっています(^^)

 

2歳頃に1度、数字の敏感期(ブーム)が来た時に、その少し後にひらがなの敏感期がきました。

その時に、モンテッソーリ幼児教室にて砂文字盤で《あ・い・う・え・お》あたりを教えて頂いたのです。

 

砂文字盤は、ひらがなの文字のところだけに砂がくっついているのでザラザラとしています。

そこを正しい書き順でなぞっていきます。

 

「あ」と言ってからなぞるのですが、

耳で音を聞き(聴覚)手でなぞる(触覚)、

その文字を見る(視覚)ことで、

「あ」という文字が脳に刻まれやすくなります。

つまり、この3つの相乗効果で覚えやすくなることが期待されるのです。

その結果、ひらがなを正しく覚えることが出来るということです。

 

(下にモンテママのたからものより、砂文字盤を載せますね、このようなモノです。)

http://www.montemama.com/?pid=52594220

 

しかし、この砂文字盤は購入するとなると、

けっこうお高いです。

しかも、文字の敏感期が終われば要らなくなります。

買うのはもったいないなぁと私は思ったわけです(^^)

 

そこで、見つけたものがKUMONから出ている

ゆびなぞりカードです!

砂はついていませんが、文字部分が凹んで溝になっているので、ちゃんと凹んでる部分をなぞれば砂文字盤に近い効果を得られると思います(^ ^)

もしザラザラさせたければ、

グリーッターをつければ良いですしね♪

 

f:id:hidamarinn:20190209113257j:image
f:id:hidamarinn:20190209113252j:image

 

まず提示(お手本)してから、子供に「やってみる?」と聞き、YESならば子供にやってもらいます(^ ^)

 

書き順を間違えても

ちがう!

とダメ出ししなくて大丈夫ですよ☆

何度か同じことを繰り返すうちに

自分で気づいて修正する時期がくると思います(*^_^*)

 

くもんのゆびなぞりカードひらがな

くもんのゆびなぞりカードひらがな

 

 

話を冒頭部分に戻しますが、

2歳頃に1度ひらがなの敏感期がやってきたと思ったので、少し試してみて良かったのですが、長くはその興味は続かず、数や文化の敏感期が強くなりました。

なのでひとまず、ひらがなはそっと置いておいたのです。

今振り返ると、本格的な敏感期の前だったのかもしれませんね。

 

3歳半頃からまたひらがなに対して興味を持ち出す兆しが見えてきました。

 

例えば、

絵本を読んでいる時や、街中で気になるひらがなをみつけると

あっ、この字、これと似てるねぇ

と言うようになったり、

自分の名前を書こうとし出したり

そのような姿が何度か確認できたので、

私はパパにもその気づきを伝えて共有しました。

 

そして、パパにもひらがなの《ゆびなぞりカード》の使い方を伝えて、「一緒にできる時はしてみてね!」と

お願いをしておきましたよ☆

 

以前もお伝えしたように、

パパは別にモンテッソーリ教育のことを「すごい!」とも思っていないのですが、子供の様子を見てモンテッソーリのアプローチを取り入れた子育てにより、とてもステキな成長を遂げているという実感があるようなので、協力してくれます(^ ^)

 

つい最近なのですが、子供から

自分で絵本を読めるようになりたいなぁ

という言葉をたったの1回ですが、聞かれたので、その気持ちを叶えるべく私もサポートしたいなと思い、

実行に移し始めている今日この頃です♡

 

1年前は、棚に《ひらがなカード》をセットして置いておくスタイルにしました。

モンテッソーリのお教室でも砂文字盤は

]から[]までキレイに置いてあるので。

f:id:hidamarinn:20190215200227j:image

 

でも今回は、例えば本棚には[ほ][ん]と貼っておいて、子供がそれに興味を示したタイミングで、文字の学びを一緒に行っていこうと思っています♪

あっ、でも貼り出したらきりがないので、一定期間経ったら、他のカードを貼るというようにして交代制にしていこうと思っています(*^_^*)

f:id:hidamarinn:20190212131910j:image
f:id:hidamarinn:20190212131914j:image

このやり方は、モンテッソーリ教育とは全く関係なく、私がやってみたかった方法なので、これで上手くいけば続けますし、"やっぱり他の方法が良さそうだ!"となれび、その時にまた考えたいと思います☆

 

私は試行錯誤を苦とはあまり思わない人なようです笑

そういう過程も楽しいと思える人なのだと思います♪

 

仲間がいればもっとそれが楽しく思えます(^^)

 

今は、

子供が仲間であり、楽しいと思わせてくれる存在であり、癒しであり、happyをたくさんくれる存在ですね♡

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

hidamarinn

 

 

アンパンマンの世界【やなせたかしさんが込めた思い】

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

うちの子は、

アンパンマンがだ〜い好き!!

1歳のお誕生日までは、オモチャはほとんどなく過ごしてきましたが、

1歳過ぎてから、仲の良いママさん達と子連れで遊びに行くようになって、

うちの子はアンパンマンに出会います。

 

ママ友がyoutubeで見せていたアンパンマンが気に入り、それからは彼にとってアンパンマンはまさに

正義のヒーローです☆

 

アンパンマンミュージアムにも何度も行きましたよ☆

横浜のみなとみらい地区にあるアンパンマンミュージアムは、桜木町からでも歩けますし、横浜SOGOからでも歩いて行けます。

f:id:hidamarinn:20190211000404j:image

行くときはたいていアンパンマンが出てくるショー目当てで行きます(^^)

なので有料館にはほとんど入ったことがないのですが、お誕生日の時とクリスマスの時には有料館に入ってきました。

 

行く前夜の子供の様子は、楽しみすぎてアンパンマンになりきり過ごしていることもありました笑

f:id:hidamarinn:20190211000421j:image

アンパンマンミュージアムの有料館は、

入ってすぐに滑り台があり、子ども達は何度も並んでは滑るを繰り返し楽しそうに遊んでいます。

同じ階にはミニシアターがあり、アンパンマンが出てくるショーを見ることができます!

私も頑張って早めに並び、アンパンマンがよく見える席を確保した覚えがあります♪

 

2階・3階には、アンパンマンの世界に出てくるキャラクターや色々なモノ、そして場面が置いてあり、それで遊ぶことができるところもあります。
f:id:hidamarinn:20190211000355j:image

ポップコーン入れもしっかりゲットして満面の笑みでミュージアム内を歩いていました☆
f:id:hidamarinn:20190211000417j:image

でも、1番のお目当てであるアンパンマンショーは有料館に入らなくてもタダで観れるのでとっても嬉しいです(^∇^)

 

開始1時間前くらいから並び、よく見える席を確保!

待ち時間は、夏は暑いし冬は寒かったです〜。

でもショーが始まって喜んでいる子供の姿を見ると、

「あ〜良かったなぁ」といつも思えます♪

そしてアンパンマンの歌を歌われているドリーミングのお二人の声はとても素敵でした!f:id:hidamarinn:20190211000359j:image

私は、《アンパンマンのマーチ》と《ぼくらはヒーロー》の踊りが好きです笑

なんとなく覚えました(*≧∀≦*)

 

最近はあまり行っていないのですが、

今でももちろん子供はアンパンマンが大好きで、町中でアンパンマンを見かけると反応しますし、明治治所のお店の外には必ず大きいアンパンマンがいるので、その前を通るとアンパンマンに抱きついたり、なでなでしたりしています(^ ^)
f:id:hidamarinn:20190211000409j:image

アンパンマンミュージアムに行って初めて知ったことは、やなせたかしさんが《それいけ!アンパンマン》に込めた思いです。

 

アンパンマンの世界観に共感するとともに、やなせたかしさんに深く敬意の念が生まれました。

やなせたかしさんが生きた時代背景、そしてその中で経験されてきたこと。

そこから見つけた核心があってアンパンマンが生まれたというところが分かると、アンパンマンを普通のキャラクターとしてではなく、とても意味深いキャラクターとして見るようにもなりました。

 

アンパンマンが武器を使わず自分の拳1つで勝負する理由

ロールパンナちゃんの存在する意味

アンパンマンのマーチの歌詞の深さ

 

人間にとって1番大切なモノ・コトが詰まっている世界であることを知りました。

 

また、子どもだけではなく、《アンパンマンのマーチの歌詞に大人も支えられ、勇気付けられたという話を聞きました。

 

それはどのような時であったかというと、

3・11の震災の時だったそうです。

 

ラジオのリクエスト曲で子ども達に喜んでもらいたくて《アンパンマンのマーチ》が流れたそうです。

 

なんのために生まれて

何をして生きるのか

答えられないなんて

そんなのはいやだ

今を生きることで

熱い心燃える

だから君はいくんだ

ほほえんで

 

そうだ

うれしいんだ 生きる喜び

たとえ胸の傷が痛んでも

********

いけ!

みんなの夢まもるため

 

 

それを聴いていた多くの大人が

そうだ!いま、自分が頑張らなくて誰がやるんだ!

生きよう!前を向いて!

 

生きる気持ちを奮い立たせ、前を向こうという気持ちになったそうです。

 

その話を聞いて、ウルッと感動しました。

"やなせたかしさんは本当にスゴイ方だなぁ"と思いました。

 

アンパンマンのマーチ》の歌詞はもちろん、

アンパンマンの世界観には世界平和を願う気持ちが込められていることを、このようなお話を聞いていても伝わってきました。

 

あと、1つ面白かったのは、

ドキンちゃんの恋は叶うのか?』

という読者質問に対して、やなせたかしさんは

「衛生上問題があるからね〜ばい菌と食べ物は一緒にはなれないですよ」

と回答したそうです(*^^*)

これを聞いた時は、クスッと笑ってしまいました☆

 

それでは今回も

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

hidamarinn

 

 

【知育玩具と家具】STUDY PARK のご紹介

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

今日はお仕事を一緒にさせて頂いている

STUDY PARK】のご紹介です!

 

STUDY PARK】は、

知育や知育玩具、環境から考えた商品を扱ってるお店です。

ブログもされています。

またSTUDY PARKを運営しているスタディパークさんは、子どもの教育分野でご活躍されている方です。

国内外にわたる人脈の広さにいつも驚かされます。

 

そしてそして!

スタディパークさんは私にblogを勧めてくれた方でもあります^ - ^

初めてお目にかかりお話をさせて頂いた日に

「hidamarinnさんにはblogを書く力がある!」

と言って背中を押して頂き、1年くらい悩み、その間も背中を押して頂き、今このようにblogをスタートし継続できています。

なぜそう思われたかは置いておき、

人生の恩人といえる存在の1人なわけでございます(*^_^*)

 

 

STUDY PARKさんと、子供が通っているモンテッソーリ幼児教室のA先生と私の3人は、

子どもの教育や発達において、大切にしたい考えが一致しており初対面で意気投合しました☆

 

モンテッソーリ教育だけではなく、

子どもの発達や成長に良いものは柔軟に取り入れて、

1人でも多くの子どもたちに幸せをたくさん感じてもらいたい!

また、子ども達だけでなく、お母さんたちの応援団にもなりたい!頑張るお母さんたちを応援したい!

という気持ちがあります。

 

まず、お二方がどのような方なのか私目線でご紹介しますね☆

 

▶︎スタディパークさんは、

優しく知的な方です。

古き良きモノ、考えは残しつつ、

この時代に合う良いモノ、考えを取り入れていこうとなさる方です。

芯はぶれないまま、柔軟に物事を考えることも出来る方です。

人の意見をしっかり聞く姿勢を持ち、的確な助言をなさる頼もしい方でもあります。

また、なんと言ってもポジティブ&朗らか!

食育の必要性も説いており、私の考えに通じるところが多々あります。

 

▶︎モンテッソーリ幼児教室のA先生は、

穏やかで優しい雰囲気を持ち芯のある方です。

さまざまな子どもたちに会ってもちゃんと寄り添い理解できるように貪欲に学ばれている方です。

子どもたちの幸せを心から願い、平和を愛する

お花と太陽をまとったような方です☆

また、多くのお母さんたちの悩みや相談にのられており、癒し力の高い方でもあります♡

A先生は勇気づけの天才です。

 

お2人ともなのですが、子どもの遊び心をよく理解なさっている方だと感じています。

 

私は、このお2人を繋げた者となるわけですが、お2人にかなうものはもっていません(^^)笑

お2人を尊敬しつつ私がその時にできることを精一杯させて頂いています。

 

でも…強いていうならば・・・

共感力

かな?

他人と比べると高いかなと思っています。(間違っているかもしれません笑)

 

この3人で打ち合わせを重ねてきました。

 

そして1つのスタート地点にそろそろ立とうとしています(^-^)

 

詳しい内容はまだ発表出来ませんが、

さまざまなことを考えています(*^_^*)

まだ決めなくてはならないことがたくさんあるので、

すぐに始動とはなりませんが、ある程度かたまってきたら改めてご紹介させて下さいね☆

 

私たちが最終的に目指しているものは

平和🕊

です♡

 

心ある方と力を合わせて

皆さまにより良いものをお届けできるように

精一杯励んでまいります。

 

どうぞ、このお2人の今後の活躍にご期待ください!!

そして、私も頑張ります(๑>◡<๑)

 

以下にSTUDY PARKさんのURLを貼りますね。

ご覧下さい♪

 

【STUDY PARK】で取り扱っている知育玩具や子ども家具は、心がワクワクするようなモノから集中して楽しめるモノまであります

 

また、食育の必要性を感じていることもあり健康・栄養に関するモノも販売なさっています。

 

blogもとても勉強になる内容です

 

STUDY PARKサイト】

http://studypark.tokyo/?mode=srh&keyword=&sort=n

 

次回は、

【STUDY PARK】オススメ知育玩具をご紹介しますね☆

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

hidamarinn

 

 

 

太陽系→宇宙→気象→国→国旗【興味の広がり】おうちモンテ

f:id:hidamarinn:20190113014948p:image

 

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

2歳頃から『人体』に興味を持ち始めていたうちの子は、同時に『宇宙』にも強く興味を持っていました。

3歳の今でも『宇宙』への興味は継続中です☆

 

自宅では、図鑑や写真集、宇宙アプリを見て

 

Kちゃんとママとパパが住んでいる惑星は地球と言うんだよ。地球はね、宇宙の中にあるんだよ。」と伝えると、とても目を輝かせて

 

「そうなの⁈じゃぁ、太陽も?土星も?月も?」と質問をしてくれます。

 

そのような姿を見ると「あ〜宇宙が好きなんだなぁ」と思うことがよくあります。

 

下の図鑑を見たり、その図鑑についているDVDを観たりしています。

DVDの内容は大人でも頭をしっかり働かせないと右から左へと流れてしまうくらいの内容もあり子供には難しいかなぁと思いながら見せていたのですが、意外や意外!!!

子供はしっかりそういう話を聞いているようで、

突然ある日「土星の輪は氷なんだよ!」などと言いだし、驚くことがあります。

 

f:id:hidamarinn:20190206084039j:image

下の本は、宇宙の写真集です!

本屋さんで見つけて、とても美しく撮られていたので気に入りました♡

 

f:id:hidamarinn:20190208201544j:image
f:id:hidamarinn:20190208201548j:image
f:id:hidamarinn:20190208201553j:image
f:id:hidamarinn:20190208201540j:image

下の写真は、月の満ち欠けが載っているカレンダーです。

子供は夜空に月を見つけては

今日は満月だね!』とか『月が半分になってる!!』と教えてくれます。

このカレンダーを時々眺めては

「今日は◯月◯日だから、今夜の月はこんな風に見えるみたいだね〜」と会話をしています(^^)
f:id:hidamarinn:20190206084030j:image
f:id:hidamarinn:20190206084043j:image

 

最近は、アンパンマンの録画を見せていたら、日食の場面があり、突然写真集を本棚から取り出してきて

ねぇ!ママ!日食!!!これと一緒!!!』と言ってそのページを開いて教えてくれました♪

そこで、私もタイミングを逃すまいと笑

以前パパと子供が一緒に作った天体の模型を出して、

日食の説明をしましたよ☆

子供は興味津々で聞いてくれていました♡

f:id:hidamarinn:20190206084139j:image
f:id:hidamarinn:20190206084144j:image

 

3歳の今では、もう少しだけ視野が広がっており、

宇宙の中の太陽系の惑星の1つである地球には、

雲があり、海があり、山がある】ことを伝えました。

すると、空や気象に興味を持ちだしたので、

天気の図鑑を持ち歩き、

今日の雲はこの図鑑の中でいうとどれと似てるかなぁ〜〇〇雲かなぁ?』という会話をする事が多くなりました。

 

そして

地球には沢山の国があり、私たちがいる国は日本である】ことを伝えました。

その次に「他にも沢山の国があるんだよ〜英語を話す人もいるよね〜」と伝えてあげると

国旗に興味を持ち始めて、歩いていて日の丸の国旗を見かけると

あっ!日本の国旗だ!

と教えてくれます。

 

他にも、国旗が載っている本を読んだ時に、

日本と韓国の国旗は丸があって似てるけど、何かが違う》ということを発見してくれます。

他にも色々と発見したり感想を教えてくれます(^ ^)

「これは〇〇という国の国旗なんだよ」と話すと

『へぇ〜そうなんだぁ!(^∇^)』と明るい声が返ってきます☆

 

このように1つの興味・関心ごとから視野が広がり学んでいけることはとても良いことだなぁと思っています╰(*´︶`*)╯

 

私も宇宙や星空が好きなので

子供と一緒に楽しみながら学んでいます♪

 

そういえば、モンテッソーリ幼児教室の先生に

子供が宇宙に興味があることを伝えると

宇宙の成り立ち

ということで、

ビッグバンを再現してくださったことがあります!

とてもステキな再現でした☆

 

子供はビックバンのことを図鑑を読んで知っていたので、その再現をじっと見ていました。

終わると「楽しかったぁ(^^)」と言ってましたね〜♪

 

子どもが『いま』興味を持っていることを見つけてその学びを一緒に出来ることは、私にとってとても楽しいですし、勉強になります。

全然知らなかった知識もあり、子どもと一緒に考えて「すごいねぇ!これはこういうことだよね(^^)」と分かりやすく説明をしてあげると、子どもも喜んで聞いてくれます♪

 

子どもがたくさんのことに興味を持ち「なぜ?」と聞いてきたり「これは何?」と聞いてきたりする日々を過ごしていますが、

これは私にも学びの機会を与えてくれていると思うので、子供と一緒に楽しみながら

「あっ!分かった!」ということを積み重ねていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

hidamarinn

 

ちがう色を混ぜると新しい色が出来るんだ!【レッジョ教育】【おうちモンテ】

みなさん、こんにちは。

hidamarinnです。

 

子供が「絵を描きたい」と言ったのでペンを渡したところ、ペンを3本まとめて持ち、紙に描き始めました。

今までは1本のペンで描いていたので、"今までとは違うことをしだしたぞぉ〜♡"と見ている私もワクワク♪

 

f:id:hidamarinn:20190209110245j:image
f:id:hidamarinn:20190209110230j:image

"何がしたいのかなぁ〜?"と思ってそのまま見ていると

今度はペンを1本に持ち直して描き出しました。

そしてさらに、違う色のペンを1本持って

今描いた線の上に色をかぶせていきました。

 

「ほら見て!混ざったよ!色が変わった!

と教えてくれ、子供がしたいことがなんとなく分かりました。

 

"そっか!色混ぜがしたいのか。

色を混ぜると新しい色が出来ることを実験したいんだ"

と思い、すぐに

"もっとステキな方法もあるよ〜♪やってみる?"と伝えると、即答でYESだったので絵の具セットを用意しました(^ ^)

 

筆の使い方や色については、

レッジョエミリア・アプローチと臨床美術を学ばれた先生がなさっている子どものアトリエ》に通っているので、使い方の説明は不要で、自分から進んで使い出したので、私は子供の感性に任せてそばから見守っています(^^)

子どものアトリエのblogはこちら↓

https://hidamarinn.hatenablog.jp/entry/2019/01/23/070456

 

本当は色の3原色といって、赤・青・黄(本当はシアン・マゼンタ・イエロー)の絵の具だけをパレットに出したかったのですが、子供から黒も緑も出してほしいと要望があったのでその通りにしました☆

f:id:hidamarinn:20190209110226j:image

f:id:hidamarinn:20190209110223j:image

そのうちに、色の実験は満足してきたようだったので、折り紙をそっと持ってきて、子供が筆を置いた頃に

ビリビリビリ

と破いて見せました。

 

すると子供も「やりたい!」と言ったので

好きな色の折り紙を選択してもらい、その後はいつもの通り私はそばから見守ります☆

子供が集中しだしたら

口だし・手出しはしません(^^)

そっと見守ることも大切♡

f:id:hidamarinn:20190210231131j:image
f:id:hidamarinn:20190209110241j:image
f:id:hidamarinn:20190209110234j:image

この時は出さなかったのですが、

別の日にやった時には、様々な種類のシールやクレヨン、マーカーなども出して、好きなように使ってもらいステキな作品に仕上がりましたよ♡

 

そして完成した作品はちゃんと飾ります╰(*´︶`*)╯♡

 

以前、blogで紹介しました茅ヶ崎でレッジョエミリア・アプローチを実践されているJ先生。

J先生のご紹介blogはこちら↓

https://hidamarinn.hatenablog.jp/entry/2019/02/03/144450

 

J先生のワークショップで作品を作った時に教えて頂いた言葉がとても心に残っています♡

本当にその通りだなと思うので、こちらでもご紹介しますね☆

 

お子さまが作った作品は、お子さまの分身なのです。なので完成した作品は大切に扱い、みんなが観れる場所に飾りましょう♡

例え完成したものでなくても同じです。

お子さまがそのひとときに感性を込めて作ったものは全て自分の分身です

 

これを聞いた時に、ステキな言葉だなと素直に思いました。

 

それ以降は、自宅で作った作品もちゃんと大切に取り扱い飾っています。

 

以前から、子供の作品を入れる大きなBoxを用意してそこに全て大切に保管しているのですが、子供が作ったものをみんなが見える場所に飾るということはあまり意識していませんでした。

 

自分に置き換えて考えれば、

自分が一生懸命作ったモノをグシャグシャとされたり、すぐにしまわれるよりは

キッチンとか居間とか玄関付近とか、

みんなが目にするところに飾ってくれたら、それは嬉しいよなぁと思いました。

 

レッジョエミリアアプローチは、子どもたちが自分たちで決めたプロジェクトをドキュメンテーションとして大人が記録し、それをみんなが見える場所に張り出します。

それを見て子どもたちは、対話を通してそこから新たなプロジェクトに発展させたり、過去の自分たちの活動をフィードバックしたりと色々な気づきや発見に繋がっていきます☆

 

今は子供を見ていると、色混ぜのブームが来ているようです。

今後はどんなブームがきて、そのブームを通してどんなふうに遊びながら学んでいくのか楽しみです♡

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

hidamarinn